読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コツコツドカンを繰り返さないために

FXを初めてしばらく経つと、まあまあ勝てるようになってくると思います。だけど、トータルでは大した+になっていないなんてことあるのではないでしょうか?4連勝の後の1回の負けで利益を全部無くしてしまうとか。

今日はその原因について書いてみたいと思います。

 

コツコツドカンの原因は何かと聞かれてもみなさんすぐに答えは見つけることができると思います。

 

そう、そうです。「金管

 

金管理と聞いてみなさんは何を思い浮かべるでしょうか?

 

ポジションの枚数や、資金の何%のリスクだとか、バルサラの破産確率とか。

 

 

でも実はもっと簡単に、且つリスクを小さくする方法があるんです。

 

 

それは、複数の通貨ペアのポジションを同時に持つことです。

 

どういうことかと言うと、例えばUSD/JPYを買で持っているとします。そうなるとドル買い、円売りですから、他のドルストレート通貨は下がることになりますね。例として、GBP/USDを売で同時に持つということです。

 

もっとも、この例ではドルが強くなる予想で、外れたら2つのポジションともマイナスになってしまいます。それでは1通貨ペアのポジションを持っている時に比べて、リスクが小さくなったとはあまり言えません。

 

ここで例えば、USD/JPYとEUR/GBPとかUSD/CADとCHF/JPYとか全く関係のないポジションを持つとリスクが完全に分散したと言えます。

(もちろんポジションを持つ根拠は必要です)

 

これをやると必然的に1回のポジションの枚数が減りますのでレバレッジも下がります。

 

自分の場合、全資金の1/20を1回のポジションの枚数にしていて、大体4通貨ペアのポジションを常に持っています。

 

こうすることによって1通貨ペアが暴騰・暴落しても損失を減らすことができますし、より多くの通貨を見ることにより通貨全体の流れが見えてくるようになり相場の展開を把握しやすくなります。

 

この方法は安定してデイトレスイングトレードで勝つには必須だと思いますので、ぜひ意識してみるようにしてください。